転職時の確定申告

看護師だって、年度末くらいになればやるのが確定申告です。勤めている病院がやってくれる事がほとんどで、基本的には必要ないとは思いますが…。とはいってもその所得は高めですから、やはりそのやり方くらいは頭に入れていてもいいかもしれません。
その為、転職をする為に退職をする場合もきちんと源泉徴収票を受け取っておくようにしましょう。

特に確定申告が必要になるのは、
・その年の給与が前職場と現職場合わせて2000万円を超える人
・給与や退職金以外の所得の合計が20万円を超える人
・正職員とバイトなど2ヶ所以上から給与を貰っている人で、主要となる職場の事業者から受ける給与以外の額(ボーナスなど)と、給与と退職金以外の所得の合計額が20万円を超える人
(2社目の会社で前職場の所得と合算して年末調整を受ける場合は該当しない。)

ちなみに、雇用保険に入っていた事で受け取れる失業給付金は、所得税の対象にはならないので確定申告で出す必要書類はありません。
ですが、転職のように1年の途中で退職した場合は前職場での年末調整を行えません。なので、年末調整をした後でもその前に失業期間があり、その期間の社会保険料などを現職場での年末調整に含めていない場合は確定申告が必要になります。
理由は、失業期間によって普通は所得が一気に減る事で既に払った所得税が還付されたり、翌年に支払う健康保険料や住民税などを下げる事が出来るから。
失業手当の金額だけでは、退職前よりも仕事がない間の生活が厳しくなる可能性が高いので、少しでも還付されそうならば、申告し取り戻す事をお勧めします。

また、通常通り医療費控除などは受ける事が出来るのでしっかり申告しましょう。
特定支出控除というものがあるので、職場で働く為に買った服や文房具、スキルアップの為に取得した資格の費用なども忘れず申告するとお得です。
ここで気になるのが退職金ですが、通常は、退職金を貰う時点でその所得に対する所得税と住民税が計算されて源泉徴収されているそうで、そのためだけの確定申告は必要ありません。

こういったお金に関わる系の話はややこしく、色々と面倒かとは思います。しかし、これをきちんとしておけば得する事(還付とか)が結構数多くあります。
難しいからといって放っておくのではなく、管轄となっている税務署や、あるいは職場の人事部に用意するものなどを聞いておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website