失業手当の意外な落とし穴

退職後すぐに失業保険を受け取れると考えている人も多いでしょう。しかし、だれもが皆すぐに受給できるとは限りません。
退職理由が自己都合だった場合、給付制限期間といって失業手当が支給されない期間が2ヶ月程度あります。実際に失業手当が支給されるのは、離職票提出などの手続きを含めると退職からおよそ3ヵ月後となるのです。

その期間のことを考えず、貯金をしないまま退職してしまうとあとから痛い目をみてしまいます。ですので、自己都合で退職を考える場合は注意が必要でしょう。